4700シリーズ - Amucor箔とテープ

EMI遮蔽のためのAmucor箔およびテープ。 Amucorフォイルまたはテープを使用して、プラスチックハウジングおよびエンクロージャをシールドすることができます。

多くのEMI問題は、一般的に使用されている材料であるAmucor箔またはテープの使用によって容易に解決できます。アモーコール箔およびテープは、(導電性の)自己接着剤および任意の絶縁層の有無にかかわらず製造することができる。

Amucorテープは3mmから任意の幅にカットすることができ、在庫から納品することができます。最も一般的に使用される幅は25 mmです。標準ロールの長さは16.5メートルです。

大きな表面の被覆が必要な場合は、通常、ホイルと組み合わせて導電性の自己接着剤を使用してテープを使用することが最善です。このソリューションはテープを使用するよりもずっと安価です。

アムコル箔は、顧客の図面に従って、ダイカット、ストリップまたはピース(ステッカー)で、オプションの自己接着剤とともに供給することもできます。


アプリケーション

  • プラスチックエンクロージャ部品のEMIシールド(EMI / RFIシールドテープ/ガスケット)
  • すべての非導電性材料のシールド
  • グランドプレーン
  • 帯電防止フロア(ESDフロア)
  • 表面間の電気的接続(シート/フォイル)
  • ダイカット
  • ハウジングおよびファラデーケージにおける遮蔽
  • テスト中の一時的な遮蔽
  • 透明箔、EMI / RFI遮蔽用窓の取り付け
  • ケーブルシールド(ケーブルの周りを包み込む)
  • 放出およびイミュニティ試験中の一時的なシールド

オプション

  • 難燃剤
  • (導電性の)自己接着性裏張り
  • 絶縁層
  • CAD図面に基づいて任意の形状にダイカット
EMI / RFI遮蔽用アモーコル箔
EMI / RFI遮蔽用アモーコル箔
すべてのEMI / RFI遮蔽テープを特定の幅にカットできます
すべてのEMI / RFI遮蔽テープを特定の幅にカットできます
自動化されたCNC切断システムにより、Amucorホイルを大量に切断することができます。
私たちの自動CNC切断システムでは、クライアントのCAD図面に基づいてAmucor箔を大量に切断することができます

アムコル箔(4701)

強化Amucor箔は、コスト効率と耐熱性の両方を備えています。この薄い箔は、任意の表面および任意の形状のハウジングに容易に適用することができる。また、厚さ0.04 mmのホイルをダイカットで供給することもできます。

4701  - アムコル箔技術図面
4701 - アムコル箔、技術図面

利点

  • 費用対効果の高い
  • ハウジングの輪郭に容易に追従
  • 難燃剤
  • 非常に強い
  • 腐食のない

標準接着剤付きアムコルテープ(4702)

これは厚さ11ミクロンで、ポリエステル(23ミクロンの厚さ)で補強され、背面にアクリル系接着剤が付いたアムコル(Amucor)テープ(アルミのタイプ)です。

4703  -  Amucorテープ(標準接着技術図面付き)
4702 - 標準接着剤、技術図面付きアムコアテープ

PETを中心としたAmucor箔(4716)

Amucor箔+ PETフィルム+ Amucor箔。この製品は11ミクロンの厚さの2層のAmucor(アルミニウムのタイプ)と23ミクロンのポリエステルの層で構成されています。この材料は非常に強いです。

4716  - 真ん中にPETを含むアモコール箔
4716 - 真ん中に技術的な図面が入ったアムコールテープ

補強ネット付きアモコル箔(4706)

アモーコール箔は補強網を強化して製造することもできる。補強網はこの材料を非常に強くするので、3100mmという非常に広い幅で製造することができる。この材料は、不要な無線周波数(RF)からの保護のために、壁や床を覆うように設計されています。この材料は、例えば、木製の箱の壁を覆うことによって、遮蔽された部屋を迅速に作成するためにも使用することができる。注意:金属の上部には、腐食から保護するための薄い絶縁層があります。

補強ネットを有するアムコル箔は、自己接着剤なしで箔(4706)として製造することもできるが、標準的な接着剤を用いてテープ(4707)として入手することもできる。

4706  - 補強ネット技術図面付きアモーコル箔
4706 - 強化網付きアモーコル箔、技術図面
4706  - 強化網付きアモーカー箔の例イメージ
4706 - 強化網付きアモーコル箔

詳細については:


中間および導電性接着剤(4718)にPETを含むAmucorテープ

その間にポリエステル(23ミクロンの厚さ)を有する2層のAmucor(11ミクロンの厚さ)と、背面の導電性接着剤とからなるサンドイッチテープ。

4718中央にPETを有するアムコールテープ:断面
4718 - 中央にPETを含むアコーステープと導電性接着剤、技術図面

シールド性能

下の表には、アモーコル箔のシールド特性があります。

EMI / RFI遮蔽テープが適用された後の実際の有効性に影響を及ぼす多くの要素、例えば、箔のタイプおよび厚さ、接着剤のタイプ、接触の近接性、塗布面の滑らかさ、強度および頻度EMI / RFI信号などを含むことができる。なお、標準的な試験および設備を用いて公称減衰値を決定することができる。

Amucorテープの場合、典型的なシールド効果(遠方界)は60dB〜80dB(10KHz〜20GHz)の範囲です。
詳細な仕様については、下記の表とグラフを参照してください。

フィールド周波数アモコル箔
厚さ0.04mm
E 1MHz 121dB
E 10MHz 110dB
E 100MHz 103dB
E 400MHz 98dB
P 1 GHz 92dB
P 10GHz 85dB
これらの値は実験室条件下で測定される。
他の状況では、結果は異なる場合があります。私たちの保証をお読みください。

遮蔽テープおよびホイル

ウェブサイトとグラフィックスインベントリのコンテナワードで。
Dezeコンテナniet bewerken svp
Grafiek:シールドテープとフォイル(59)
Grafiek legenda

注:これらの値は実験室で測定した値です。他の状況では結果が異なる場合があります。私たちの保証をお読みください。


技術仕様および部品番号

部品番号
(接着剤なしの箔)
4701 4716 4706
部品番号
(標準接着剤付きテープ)
4702 4717 4707
部品番号
(導電性接着剤付きテープ)
- 4718 -
部品番号
(絶縁層付きフォイル
(UL94V-0)0.15mm(白))
4704 4719 4709
部品番号
(絶縁層付きフォイル
(UL94V-0)0.22mm(黒))
4705 4720 4710
建設4706  - 強化網付きアモーコル箔
箔材料アムコルアムコールおよびPET アモーカーと補強ネット
表面明るい明るい明るい
箔の厚さ 0.023 mm 0.35 mm -
総厚 0.048 mm 0.3725 mm -
接着剤合成導電性樹脂合成導電性樹脂 -
接着性能 4.5N / cm 4.5N / cm -
抗張力 - - -
耐温度性 - - -
エル。接着剤による耐性 0.003オーム 0.003オーム 0.003オーム
テープの場合、標準ロール幅(mm)* 10,25,50,100 10,25,50,100 10,25,50,100
ホイルについては、標準ホイル幅(mm)* 1100 1100 3100
ロールの長さ* 16.5m 16.5m 100m
これらの値は実験室条件下で測定される。
他の状況では、結果は異なる場合があります。私たちの保証をお読みください。

*その他の寸法はご要望に応じて

24時間以内に%1の見積もりを取得するには、下記のフォームに記入してください。

For part numbers see table above
Specify the width of the tape in mm
Specify the length of the tape in meters
* 注: 赤いブロックが必要です