3670シリーズPUフォームベースウェッジアブソーバ

主な利点は、ピラミッド型アブソーバの後方散乱を低減し、静かなゾーンのより高い静音性を得ることです

PUフォームベースのウェッジアブソーバは、同じ高さのピラミッドアブソーバと同様の特性を持ち、100MHz〜110GHzでも優れた性能を発揮します。これは、主に大型の小型無響室とテーパ無響室に適用されますが、主な利点は、ピラミッド型の吸収材の後方散乱を低減し、静かなゾーンのより高い静音性を得ることです。

3670-200(200mm高さのPUフォームベースのウェッジアブソーバ)
3670-200(200mm高さのPUフォームベースのウェッジアブソーバ)

キャラクタリズム


  • このような吸収体は、青色(要求として選択することができる)のくさび形の外観を有し、
  • 柔軟性と柔軟性により、ピラミッドは長期間使用すると曲がらず、吸収特性は10年以内に変更されません。
  • 難燃剤B2レベル(GB8624-1997)に属する酸素指数≧29%(GB / T2406-93)
  • 良い環境性能、すべての原材料は、環境要件を満たすことができます、揮発性、ないにおいと無毒。
  • 作業条件:一般的な室内のアプリケーション
    • 長時間使用温度:-50℃〜90℃
      短時間の使用温度:-100℃〜120℃
    • 相対湿度:55%±15%
      周波数範囲:30MHz〜110GHz
  • 取り付け方法:一般に、シールド本体に吸収材を貼り付けるために環境保護用接着剤を使用します。吸収体の高さが500mmを下回ると、ベルクロの取り付けが可能になります。さらに、ファスナを採用してアブソーバを取り付けることもでき、アブソーバの交換およびチャンバの再配置が容易になる。

PUフォームベースウェッジアブソーバの概略図

3670シリーズPUフォームベースウェッジアブソーバの概略図

製品仕様および部品番号

部品番号ベースサイズ
(mm x mm)
ピラミッド量
単位あたり
ユニットサイズ
A×C×B
(mm×mm×mm)
標準重量
(kg / m 2
3670-200 600×600


6 200×10×5 8
3670-300 6 300×10×7 10
3670-495 3 495×20×7.5 15
3670-700 600 * 400 2 700×20×10 24

反射損失/遮蔽性能

これらの値は実験室条件下で測定される。
お客様の状況によって結果が異なる場合がありますので、弊社の保証書をお読みください
部品番号垂直入射下での反射損失
(-dB @ GHz)
電力供給能力
kW / m 2
0.5 1 3 6 10 18 40
3670-200 25 32 35 42 48 50 1.5
3670-300 30 38 45 48 50 50 1.5
3670-495 20 35 43 50 50 50 50 1.5
3670-700 25 40 50 50 50 50 50 1.5

ご注意ください:

  • 500MHz以下のデータは、低周波同軸試験法(GJB5239-2004)により得られます。 1GHz以上のデータは遠方界RCS試験法(GJB2038A-2011)により得られ、
  • 上記の表に記載されている性能データは保証データであり、測定データは保証データと同等かそれ以上です。
  • 太字の部品番号は在庫品で、すぐに納品することができます
  • 認証:CE ROHS

あなたはしたいですか...

24時間以内に%1の見積もりを取得するには、下記のフォームに記入してください。

Specify the height of the desired absorber in mm
* 注: 赤いブロックが必要です